社会的養護としての養子縁組

社会的養護とは保護者のいない子ども、あるいは保護者に監護させることが適していない子どもを、社会が代替的に養育・保護する仕組みのことです。この仕組みがあることで、子どもたちは様々な利益を享受でき、社会の中で伸び伸びと成長することができます。
社会的養護の方針に基づき児童養護施設や乳児院、里親、ファミリーホームなど様々な制度が立ち上がっており、特別養子縁組もその1つとして1988年に施行されました。
 
社会的養護には「家庭的養護」と「施設養護」の2種類があり、養子縁組はその中の家庭的養護に分類されます。この家庭的養護は、養育・保護される子どもにとって様々なメリットがあります。
家庭的養護では、家庭生活を体験して家族のあり方を学ぶため、将来、家庭生活を築く際に参考にすることができます。また家庭生活において人間関係を学んだり、地域の中で社会性を育んだりすることができます。生きていくうえで必要なあらゆる生活技術が得られる環境だと言えます。
 
日本において養子縁組はまだまだ活用されていないのが現状です。しかし徐々に養子縁組を選択する実親は増えています。またそれに伴い、国や地方自治体のあり方も見直されるように議論がなされています。少しずつではありますが日本でも、「ただいま」と言えば「おかえり」と出迎えてくる「自分だけの保護者」が増えているのです。
望まない妊娠や養育環境が整えられないなど、出産に不安をお持ちの方は、養子縁組の制度があることを知っていてください。
 
「妊娠したけど育てられない」「出産したいけどお金がない」とお悩み・お困りの方は、ストークサポートへお問い合わせください。ストークサポートでは、望まない妊娠でお悩みの方を含めた妊婦さんの相談支援を行っています。出産費用のご相談から、養子縁組に関するご相談まで無料で行います。ストークサポートは赤ちゃんの命と、お母さんを助けるために全力でサポートをいたしますので、1人で悩まずお気軽にお声掛けください。

​望まない妊娠・特別養子縁組の相談なら【ストークサポート】

望まない妊娠で困っている妊婦さんの相談や、養子縁組の斡旋などを行う団体です。お金がなくて育てられないなど、養子縁組を考えている方をサポートします。出産費用や、病院での健診費用についてご不安な方もご相談ください。あらゆる事情で育てることができない赤ちゃんを、特別養子縁組で別の家庭へ迎えてもらう制度もあります。養子縁組にかかる一切の費用は、無料です。ストークサポート、または育ての親の方にご負担いただきます。赤ちゃんの命を助けるため、お母さんを助けるために、ストークサポートがサポートいたします。