子どもを虐待から救うためにできること

平成24年度の児童相談所に寄せられた児童虐待相談件数は、6万件以上にも上ります。これは、児童虐待防止法が施行される前の平成11年度の調査より、6倍近く増加しています。同様に虐待死も、高い水準で推移しています。つまり虐待というのは、私たちの本当に身近な場所で起きている可能性があるのです。そして誰しもが、新聞やTVなどで目にするその痛ましいニュースの当事者になる可能性は否定できません。
 
子どもへの虐待は仕事や生活に強いストレスを感じていることや、パートナーとの不仲などが主な原因となっています。望まない妊娠をした妊婦さんの中には、こうした複雑で苦しい状況下に置かれている方は決して少なくないと思います。「仕事がなく、お金に困窮した状態で妊娠してしまった」「パートナーと不仲になった直後に妊娠が発覚し、すでに中絶できる時期を過ぎてしまった」といった状況下にある方も珍しくはないのです。虐待の起きたケースとそう遠くない状況に身を置いている妊婦さんが、不安を感じるのも無理はありません。のしかかる様々な不安に押しつぶされないよう、それでもわが子を産み、できれば幸せに育てたいという思いで日々を必死に生きていることかと思います。
 
まず虐待に発展してしまう可能性はだれしもが持っていることをご理解ください。個人の思想や気質に関係なく、追い詰められた状況になっても自分を制御しコントロールできるような人間は多くありません。追い詰められて逃げ場のない状況にいるのなら、まずはストークサポートにご相談ください。
ストークサポートは、望まない妊娠で困っている妊婦さんの相談支援に加え、養子縁組の斡旋事業も行う団体です。赤ちゃんを実親が愛情を持って育てたいのなら、それが一番です。まずは養子縁組以外の方法をご提案し、一人ひとりのケースに沿って行政機関へのサポートの問い合わせやご相談を承ります。もし養子縁組をご選択する場合は養親とのマッチングや出産費用のサポートなどを行います。「産んでも虐待してしまうのではないか」「これから先この子と幸せに生きていけるのか」とお悩みでしたら、まずは一度ご相談ください。ご相談は無料です。スタッフは全て女性となっていますので、妊婦さんの気持ちに寄り添ってお話を伺います。

​望まない妊娠・特別養子縁組の相談なら【ストークサポート】

望まない妊娠で困っている妊婦さんの相談や、養子縁組の斡旋などを行う団体です。お金がなくて育てられないなど、養子縁組を考えている方をサポートします。出産費用や、病院での健診費用についてご不安な方もご相談ください。あらゆる事情で育てることができない赤ちゃんを、特別養子縁組で別の家庭へ迎えてもらう制度もあります。養子縁組にかかる一切の費用は、無料です。ストークサポート、または育ての親の方にご負担いただきます。赤ちゃんの命を助けるため、お母さんを助けるために、ストークサポートがサポートいたします。