家庭で育つことの大切さ

国連による、子どもの基本的人権を保障するために定められた条約「子どもの権利条約」では、全ての子どもが家庭環境の中で成長すべきと謳われています。つまり子どもは、実親をはじめ、親戚や非常に近い関係性の個人、国内外の養子縁組など、あらゆる家庭環境の中で成長するのが望ましいというわけです。その理由は子どもが特定の大人と、愛し・愛される関係を築くことにあります。
 
子どもが特定の大人と1対1の愛し・愛される関係を築くことは、子どもの健やかな成長に繋がります。特に赤ちゃんや幼児の保育において特定の大人との愛着関係は本当に大切です。
小さな子には、特定の大人を独り占めしようとする行動が多々見られます。これはその子にとって独り占めをしたいほどの愛着のある関係を結びたい、あるいは愛し・愛される関係であるという意思表示です。大きくなるに従い、このような行動は徐々に少なくなりますが、心の奥底にこのような想いがあることで、子どもは安心して日々を過ごすことができるのです。こうした愛着関係の構築こそが、子どもの人格形成を含めた、健やかな成長に大きく寄与します。
 
もちろん施設による子どもの保護は安全な場所で暮らすのに必要なため、様々な理由から子どもを手放す際に選択肢から除外することはできません。しかし特定の大人から1対1の愛情を受けられるかと言えば、難しいと言わざるを得ないでしょう。子どもに1対1で接することができるほど、職員の数が足りていないのが現状で、愛情不足から寂しさを抱えている子どもも少なくないのです。
また国としても児童養護施設運営指針の中で社会的養護が必要な子どもには「家庭的養護と個別化」が必須だと明言しており、家庭内で受けうる愛情を感じることが、健やかな成長に欠かせないという考えを示しています。それに対し家庭の中に子どもを迎え入れる養子縁組は、施設ではカバーしきれない部分を補える制度だと言えます。
ストークサポートでは「中絶できないけど、産んでも育てる自信がない」「経済的な負担から、手放さなくてはならない」など、様々な事情から生まれてくる赤ちゃんを育てられない方に向けて、養子縁組の斡旋事業を行っています。赤ちゃんの健やかな成長を願うお母さんは、1人で悩まずご相談ください。また手続き方法などのご相談も承っていますので、お声掛けください。

​望まない妊娠・特別養子縁組の相談なら【ストークサポート】

望まない妊娠で困っている妊婦さんの相談や、養子縁組の斡旋などを行う団体です。お金がなくて育てられないなど、養子縁組を考えている方をサポートします。出産費用や、病院での健診費用についてご不安な方もご相談ください。あらゆる事情で育てることができない赤ちゃんを、特別養子縁組で別の家庭へ迎えてもらう制度もあります。養子縁組にかかる一切の費用は、無料です。ストークサポート、または育ての親の方にご負担いただきます。赤ちゃんの命を助けるため、お母さんを助けるために、ストークサポートがサポートいたします。